腹が減っても眠い日常

とりあえず日記っぽいものを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
静岡県の庶民に愛された菓子パンがあった。

その名を、「のっぽパン」という。
正しい名前は「のっぽ」だが、親しみをこめて「のっぽパン」と呼ばれることが多い。

柔らかいパンと中のクリームの調和が美味しい。
賞味期限が短いということから、スーパーなどで値下げして売られることが多かったことも、逆に人気の一因であった(と、個人的には思っている)。
元々静岡県民でない俺でもよく知っていたし、食べていたものだ。

しかし2007年、製造元であるエヌビーエスの事業再編のために、惜しまれつつもその姿を消してしまった。
俺の住む地域でも目にすることはなくなり、すっかり過去の物となってしまったと思っていたのだ、

が、

久々に沼津の仲見世通りをブラブラしていたら、のっぽパンが売られているではないかっ!
速攻でゲット!
090225_01.jpg
キリンのイラストが見印

なんとビニール袋も専用のものだ。
090225_02.jpg
のっぽの文字とイラストが入っている

そしてこの長さこそのっぽパンの特徴だ。
090225_03.jpg
実は二口も食べた後

チョコレートやマロンクリームなどの味も売られていたので、
次に寄る時はそれらを買おうと思っている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。