腹が減っても眠い日常

とりあえず日記っぽいものを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iTunesを使っていて気づいたことがあったので、ここで書いておく。

iTunesを使っている途中で何らかの不具合が発生した場合、以下のようなメッセージが出る場合がある。

「ファイル[iTunes Library.itl]は有効なiTunesライブラリファイルではありません。iTunesはiTunesライブラリの回復を試みて、このファイルの名前を[iTunes Library(Damaged).itl]に変更しました。 」

そしてライブラリの内容が全く無い状態になってしまう。曲はおろか、ダウンロードしたアプリまでも消えてしまう。もちろんこの状態で iPhone と同期したら、iPhone内のデータも消えてしまう。

PCに何千何万という曲を保存したり有料アプリを購入している人にとっては悪夢のような事態だが、一応復活方法はあるようだ。

・ファイル名 iTunes Library(Damaged).itl を、[iTunes Library.itl] に変更する。

又は
・[Previous iTunes Libraries] フォルダ 内の、一番新しいitlファイルを、[iTunes] フォルダにコピーする。

このいずれかでいけるようだ。

ちなみに俺は上の方法で復帰できたことがある。
また、その際は「検証できない」などでiPhoneにインストールできないアプリがあるかもしれない。これは一度iTunesより削除してから再度ダウンロードするという方法もいいかもしれない。一度ダウンロードしたアプリは再ダウンロードが無料なので、万が一の場合は試してみるのもいいだろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roamingnemu.blog120.fc2.com/tb.php/144-b31207bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。