腹が減っても眠い日常

とりあえず日記っぽいものを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理用PCのHDDが死にそう。
一応回復コンソールからchkdsk、おまけにfixmbrとfixbootをかけてみたら復活したんだけど、次はいつ壊れるか...
今年に入ってディスクエラーのトラブルが多いね。これで3度目かな?
そろそろ5年ぐらい経つし、買い替えの時期かなぁ。

そもそも管理用PC自体が古いからね。
今は亡きCOMPAQ(HPに買われた)のProsigniaDESKTOP330。
1999年製造だから、なんともう9年目か。

細かいスペックを書いてみる。

●CPU:PentiumIII、600MHz
 ・この当時ではかなり速いCPUだったはず。
  ただし数年もするとゲームが重くて動かない?なんてことも。
  PEN3の天下は短かったな...

●メモリ:384MB(初期128MB。今年増設)
 ・処理が遅いのは、CPUよりもむしろこっちが原因だったのかも?
  128MBではWin2000が起動するだけでいっぱいいっぱい。起動直後の空きメモリはほぼ無し。
  親父の「遅い」という不満に応えて増設したら、起動がかなり速くなったw

  、、、実は規格が合わないメモリを買って無駄にしてしまったのは内緒orz
  初めからバッファローで買えばよかった。

●HDD:IDE U-ATA 80GB (初期20GB。5年ぐらい前に交換)
 ・これが問題のHDD
  常に仮想メモリでガリガリ読み書きしていたからね。そりゃ壊れるか。
  ケースも決してエアフローが良いとはいえないもんなぁ。
  ケースファンは背面に排気が1つだけ。横は全部閉じていて、吸気は前面下側のみ。
  昔は消費電力や発生する熱が少なかったとはいえ、HDDに全く風が当たらない^^;

●外部記録:IDE CD-RW(初期CD-ROM。8年ぐらい前に増設)
 ・その昔、友人がMIDIで作った曲を売りたいということで、急遽CD-Rドライブを購入。
  結局、売り物にはしなかったんだけどね。
  バックアップとかデータの移動とかで、少しは役に立ったかな?

  元々付いていたCD-ROMは、はめ込んではあるものの全く使っていない。
  CD-ROMじゃねぇ...DVDですら斜陽が指し始めているのに。

●GVA:AGPx1,VRAM16MB [nVIDIA TNT2 M64]
 ・AGPx4のカードを買ったけど刺さらないことに気付いて2万円をフイにしたのは秘密w

●OS:Windows2000 (初期Win98)
 ・Win98は無印→SP1→SP2まで使ったものの、安定さを求めてWin2000に移行。
  XPが出た後だったけどw 当時XPは重い言われていたからねぇ。
  メモリはきつくなったが、さすがにNTベースだ。安定している。
  Win98用のゲームが動かなくなったりはしたものの、これは換えて正解だった。

-----------------------------------------
今はもっぱら管理用/親父用になっているが、
ルータ(現在はブリッジモード)やネットワークプリンタの設定などをこれで行っているので、
まだまだ使っていくつもり。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roamingnemu.blog120.fc2.com/tb.php/16-bda80812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。