腹が減っても眠い日常

とりあえず日記っぽいものを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例の100万円以上(定額適用前)のパケ代だが、ちゃんと定額 (4千円ちょっと程度) になるようで一安心。
ゲームとかの課金とかならともかく、全ての通信料はパケット定額の対象だそうな。

※ただし、日本国内での正式サポート範囲に限るので、以下は対象外。
 ・テザリング
  (インターネットに接続するときのモデムの代わりとしてiPhoneを使う。日本では要脱獄)
 ・日本国外でのデータローミング
  (いわゆる海外ローミング。Webブラウズを数分と、メールを数回送受信するだけで、ン万円もするそうな)

テザリングは、日本版iPhoneだと脱獄する必要があるので一般のユーザにはほぼ関係無いのだが、
海外ローミングは 「日本にいるのと同じ感覚で使っていたら数十万円も請求されて驚いた」 なんてことが実際にあるらしい。怖ぇぇ?。

一応契約時に 「海外での利用では高額になる」 とは説明しているらしいのだが、俺はちょっと憶えてないなぁ。
海外で使うことなんて考えてなかったから、テキトーに同意してしまったのかも。

Webでちょこっと調べてみたのだが、手っ取り早い方法としては機内モードにしておけばデータローミングは一切無いようだ。
(通信をしなくなるので当然ではあるが)
飛行機に搭乗する際に設定しているはずなので、そのままにしておけばよさそうだな。

ただ、機内モードだと通話もできないので、通話したい場合は以下の設定にすればいいらしい。
  ・機内モードを OFF に設定
  ・データローミングが OFF (既定設定)であることを確認
  ・MMSメッセージングを OFF に設定
 ※詳しい内容はFAQ(ttp://www.iphooone.com/pukiwiki/index.php?FAQ%A1%A7%B3%A4%B3%B0)をご覧ください。

機内モードでも WiFi は使えるらしいので、ホテルや空港などでWiFiを提供していれば利用できるようだ。
(無料、または1日10$程度で使えるところが多いそうだ)
通話については そのまま国際電話料金でやるよりはWiFi接続でスカイプするか、もしくは現地のケータイを使うのがいいのかな?
実際にやってみたことは無いのでよく分からない。


しかし、利用者が海外で使ったら法外な通信料になる可能性があるってのは周知進んでないのに、世界対応ケータイだと誇らしげに宣伝したりとか、海外でSMAPがiPhone使ってるCM流すって...どうなのよSoftBank。まぁSoftBankだけの問題ではないんだろうけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roamingnemu.blog120.fc2.com/tb.php/247-8a58b306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。