腹が減っても眠い日常

とりあえず日記っぽいものを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
システムPCの外付けHDDがクラッシュしました?。
orzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorzorz

MP3データが100Gくらいと、週1でUPを続けている動画の作成用のデータ。
それから懸賞の記録とか食事の記録とか体重の推移の記録とか全部飛んだ...

HDDを載せているラックにぶつかったら落ちちゃったよ;;
電源コードがひっかかって床に叩きつけられはしなかったけど、
ドライブを認識しない...

物理的にイったから、論理的な修復は無理。
データを復旧させるとなると4GBで14万とかとられるらしい。

さすがにこの値段は出せない。諦める。
バックアップとっておけばよかったなぁ。

とりあえず壊れたHDDは修理に出そう。一応メーカー保障期間内だけど、ユーザー責任だから保障はきくかなぁ?

あと、今後の対策もとらなきゃな。定期的なバックアップのチェックポイントを作らなきゃいけない。できるだけ面倒で無い手順で。
今ぱっと思いつくのは、
(1)新PCの内臓HDDへバックアップ。
(2)外付けHDDへのバックアップ。
(3)外部補助記憶装置(BD/DVD/DAT)へバックアップ。
(4)リムーバルHDDへバックアップ。

(1)の利点:
データとかをかき集めても高々100?200GB程度。500GB程度の安いHDDで容量は十分。
また、USB2.0に比べアクセス速度に長ける。
(1)の難点:
バックアップの度にケースを開けてHDDをマウントするのは少し面倒。
また、バックアップHDDは平時では剥き出し又はそれに近い状態で保管することになる。

(2)の利点:
I/FにUSB2.0、またはeSATAを利用するので接続が楽。
(2)の難点:
外付けHDDは容量に対する価格が内臓HDDより高い。

(3)の利点:
HDDよりも保管が楽。
(3)の難点:
HDDに比べ、アクセス速度が非常に劣る。
記録に失敗する可能性がある。
大量のメディアが必要になる。

(4)の利点:
内蔵HDDに比べ、マウントが楽。
(4)の難点:
リムーバルHDD用の器械が必要。

とりあえず、今は(1)か(4)を考えている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roamingnemu.blog120.fc2.com/tb.php/27-67a426eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。