腹が減っても眠い日常

とりあえず日記っぽいものを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちと面白いのでそのサイトにあった誤用を調べてみた。

「さわり」
 義太夫節の一曲の中で、一番の聞きどころとされる箇所。
 転じて、広く芸能で、中心となる見どころ・聞きどころ。また、話や文章などで最も感動的、印象的な部分。
 ・「最初の部分」と誤用されることが多い。


「世界観」
 世界およびその中で生きている人間に対して、人間のありかたという点からみた統一的な解釈、意義づけ。

「姑息」
 一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。
 ・「ひきょうなさま、正々堂々と取り組まないさま」の意で用いられることがある。


「檄を飛ばす」
 自分の主張や考えを広く人々に知らせる。また、それによって人々に決起を促したりする。
 ・誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。

「知恵熱」
 乳児にみられる原因のわからない発熱。昔は知能の発達と関係があると考えられていた。


もう誤用で通るほうが多いかもね。むしろ正しい使い方しても意味が通じないかも・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roamingnemu.blog120.fc2.com/tb.php/270-667442d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。