腹が減っても眠い日常

とりあえず日記っぽいものを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます?

っと。さて新年早々だが、自作の話からしていきますよっと。


先日、友人と話したときに、新しいパソコンが欲しいということだったので、作らせてもらうことになった。

・主な用途はゲーム、MMORPGが中心。他はWebブラウズ。
・予算は15万円。
・できるだけ高性能にしたい。
・Blu-Rayはとくにはいらない。DVDで十分。
・ディスプレイも購入する。大きさは19インチ程度。
・OSはWindows、XPでもVistaでもどちらでもいい。
・Excel は必要。マクロ(VBA)を使うので、マイクロソフト純正のExcelが必要になる。
(OpenOfficeや他社製のExcelでは同等の機能やI/Fはあっても、VBAは完全に互換性が無い)

今のところ考えている構成はあるが、まだまだ考えている最中。
ああ、やっぱこういうのって楽しいわw
情報を集めたり比較したりしていると、時間がどんどんなくなるw


==============================
基本システム構想
==============================
●CPU

 今回はIntelで組んでみる
 同程度のコア数・クロック周波数であれば、AMDの方が安いのだが、
 性能を見た場合、(少なくともカタログデータと雑誌のベンチマークでは)Intelの方が上のように思える。

 現在の主流にも、いくつか種類がある。
 自分自身の復習も兼ねて、ちょろっと特徴を書いてみる。

  ・Corei7
    個人の現実的価格帯において、現在の最新最速シリーズ。
    CPUソケットはLGA-1366。現在対応するチップセットはX58のみ。
    一番廉価な ?920 は、実売3万円前後と、旧世代の高性能CPUよりも安かったりする。
    しかし、X58チップセットに対応するマザーボードが高機能/高価であることと、対応するメモリ(DDR3)も高価であるため、総合的には高くつく。

  ・Core2Quad
    2008年秋までは、個人の現実的価格帯において、最新シリーズ。
    ただし価格に対するクロック周波数はCore2Duoよりは一歩劣り、用途によってはCore2Duoのほうが処理速度が早いことも。
    Core2Duoを2つ重ねて合計4つとなり、Quadとしている。
    (このため”なんちゃって4コア”とも...)
    2008年になると価格が急落して普及したが、Core2Duoに比べると高価で推移している。

  ・Core2Duo
    2コアCPUの主流。
    クロック周波数を高くしやすく、処理能力はまだまだ現役。
    低価格帯から高価格帯までラインナップが広く、選びやすい。

●チップセット

  内臓グラフィックは使わないので、G?は無視。
  Core i7 ならばX58、Core2Quad/Duo ならばP35/43/45かな。他にもあったかな?
  それぞれの特色は...

   P35: メモリ実装の上限は8GB、DDR3対応
   P43: メモリ実装の上限が16GBに、PCI-Exp ver 2.0 に対応、
   P45: グラボ多重化に対応。(PCI-Expx8, 2レーン)
   X48: グラボ多重化 PCI-Expx16, 2レーン に対応。
   X58: CPUソケットLGA-1366に対応。

以上を踏まえて、具体的な構成を選んでいく。


==============================
構成
==============================

一番重要なのはCPU。
CPUが決まれば、マザーボードもメモリも大方候補が絞れる。
だからこそ、それが一番悩ましいのだが。

逆に、それ以外の部品...HDDやグラフィックボードなど...は、CPUに振り回されない。
ふむ、今回は明確な予算の限度があることだし、逆算して構成を決めていこうかな。

ちょっと表にしてみる。
...ブログのフォントってプロポーショナルだっけ? 表示がずれるかも。
(注、プロポーショナル云々以前に空白が除かれてぐずぐずに ^^; )

  ----------------------------------------
  予算               150,000
  ----------------------------------------
  ・パソコン
    +- グラフィックボード 22,000
    +- ハードディスク   10,000
    +- DVDドライブ     5,000
    +- ケース       13,000
    +- 電源        10,000
    -------------------------------------
     小計            60,000
    -------------------------------------
  ・ディスプレイ
    +- 本体        20,000
    +- 液晶保護フィルム  3,000
    -------------------------------------
     小計            23,000
    -------------------------------------
  ・ソフトウェア
    +- OS         17,000
    +- MS Office     25,000
    -------------------------------------
     小計            42,000
    -------------------------------------
___________________________________________
                   25,000


う、うぇぇ!?
こんなに余裕ないの!?


CPUとマザーボードとメモリを合わせて 25,000ぐらいにしないとだめ !?

うーん、始めは15万もあれば結構余裕かと思ってたんだがなぁ。
そうか、本体だけじゃなくて、ディスプレイやOfficeが入るからか。

しかしなぁ、あとちょっと出せば本気でいいのがのが組めるんだよなぁ...
うーん、ここはちょっと思案どころだな...



今のパーツの部品を挙げてみる。
CPUとM/Bは価格を交えながら考えてみよう。

------------------------------
CPU
------------------------------

 ・候補1 [Intel] Core 2 Quad Q9550 (BOX) <実売価格 30,000?33,000>

 ・候補2 [Intel] Core 2 Quad Q8300 (BOX) <実売価格 23,000?25,000>

 ・候補3 [Intel] Core 2 Duo E8400 (BOX) <実売価格 16,000?18,000>


  本当のところは、Q9550 を使いたいところ。
  さすがにベンチマークテストでは Corei7 920 に若干及ばないのもの、性能は十分。
  夏には高すぎて手が出なかったが、ここまでやっと落ちてきた。

  しかし予算を考えると、E8400 にせざるをえないか...?


------------------------------
マザーボード
------------------------------

 ・候補1 [GIGABYTE] GA-EP45-UD3R <実売価格 15,000?17,000>

 ・候補2 [GIGABYTE] GA-EP43-DS3R <実売価格 11,000?13,000>

 ・候補3 [ASUS] P5Q <実売価格 15,000?17,000>.


  基本性能を高めるなら、GA-EP45-UD3R で間違いない。
  冷却性能が高く、付加機能も高い。

  しかし GA-EP43-DS3R でも、実質問題は無い。
  冷却性能こそ劣るものの、基本性能は充実している。

  P5Qは...うーんこの金額を出すだけの価値が見出せるかどうか...


------------------------------
メモリ
------------------------------

 ・候補 [CFD販売] W2U800CQ-2GL5J <実売価格 4,000?5,500>


  2008年の価格破壊っぷりはすごかったね。
  合計4GBがこの値段で買えるようになるんだから...


------------------------------
グラフィックボード
------------------------------

 ・候補 [HIS] H485QS512P <実売価格 21,000?22,000>

  RADEON HD4850 の 外部排気タイプ。
  値段と性能のバランスが取れている。

------------------------------
ハードディスク
------------------------------

 ・候補 [未定] 容量640GB?1TB <実売価格 5,000?10,000>.


  大容量HDDも、どんどん価格が崩れてきてる。
  ちょっと前まで1TBは1万5千円ぐらいだったと思ってたら、もう1万を切るぐらいになったよ。


------------------------------
光学ディスクドライブ
------------------------------

 ・候補 [未定] バルク,SATA <実売価格 4,000?6,000>


  パイオニアの高性能&静穏で定評のあるものは1万円ぐらいするらしいが、
  普通に使う分にはバルクで十分。
  ...今度はIDEとSATAを間違えないようにしないと。


------------------------------
ケース
------------------------------

 ・候補 [未定] ATX用 <実売価格 10,000?13,000>


  特に候補は絞っていないが、だいたいこのぐらいするだろうと予想。
  正月価格ならAntecのSOLOが1万円だな...


------------------------------
電源
------------------------------

 ・候補 [未定] 400?500W <実売価格 10,000>


  これも候補は絞っていないが、だいたいで予想。
  正月価格ならENERMAXの525Wが1万円...

------------------------------
ディスプレイ
------------------------------

 ・候補 [未定] 19インチ <実売価格 20,000>


  19インチならこれぐらいかな?
  これはさすがに本人に選んでもらうべきか。
  本人の好き嫌いがでるからね。


------------------------------
OS
------------------------------

 ・候補 Windows Vista HomePremium 32bit <実売価格 15,000?18,000>


  なぜか販売店によって値段が違うんだよね。
  最寄の店なら18,000だが、秋葉原とかならもっと廉価かなぁ...?


------------------------------
MS Office
------------------------------

 ・候補 MS Office Personal 2007 (DSP版) <実売価格 23,000?25,000>


  正直、Excelを単品で買うより、DSP版のオフィスパーソナルを買うほうが安い。
  (Excel2007リテール版は店頭で買うと28,000円、通販特価でも25,000円)

  このオフィスDSP版、最寄の店なら24,000だが、通販だと1万円台の場合も。
  これも秋葉原で安く売っていたら、いいなぁ。




うー、まだちょっと考えないとまぁ。
ポイントを組み合わせれば、もうちっとなんとかなるだろうか。。。?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roamingnemu.blog120.fc2.com/tb.php/57-88f85475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。