腹が減っても眠い日常

とりあえず日記っぽいものを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茶軸/黒軸とは、独Cherry社製メカニカルキーボードのスイッチの種類だ。
キースイッチの方式によって色が異なるので、そのように呼ばれるそうである。
どちらも1万円以上はくだらない高級品だが、その性能には定評があるようだ。

先日、店頭で触ることができたので、それぞれ比べてみた。

茶軸は押し込みが軽く、それでいて反応が良い。
連続して打ち込むのに適しているだろう。
タタタタッという軽快な打鍵感が心地よい。
靴に例えるならランニングシューズ。

黒軸は押し込むと重くなり、しっかりと反発する。
1つ1つのキーの押し込みがはっきりとする。
ダダダダッという重厚な打鍵感が心強い。
靴に例えるならスパイクシューズ。

俺に合っているのは茶軸のほうかもなとも思った。できるだけ話す速度に近い速度で打ち込みたいが、黒軸の重厚感を味わっていると速度が遅くなってしまうんじゃないかとも思う。でも慣れればそのへんはまた変わってくるかもね。

いや買わないけどさ。今使ってる奴で十分だし。

ちなみに今使ってる奴を評するならジョギングシューズとでもいうべきか?
茶軸と同じぐらいか、それ以上に軽い。速度は少なくとも遅くは無く、打鍵速度の限界は感じられない・・・まぁ指の速度がキーボードの限界を越えるなんて事は一般的にはそうそうないことだとは思うが。ただし茶軸と比べると多少ペラペラ感がするのは否めない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roamingnemu.blog120.fc2.com/tb.php/98-cf4c8a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。