腹が減っても眠い日常

とりあえず日記っぽいものを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもあれだね。俺は女々しいというか優柔不断な面があるね。
そのくせ、ろくに確かめもせずに大事なことを決めてしまったりとかもね。

ちょっと値段が高いPCパーツを買うにしても、
「この製品Aがいいかな...」
「でもこっちの製品Bも捨てがたいな...」
「地元のショップだとAが安く買えるな...」
「通販だとBが安いけれど、保証がつかないな...」
「あれ、製品Cもいいんじゃね? でも高いな...」
「製品Dもいいけれど、地元のショップじゃ置いてないな...」
「製品Eもいいな、安いし。でも機能が少ないな...」
とか時間を無駄に使って悩んだあげく、ズルズルと先送りにしてしまったり。

先日、液晶ディスプレイを買ったんだけどね、これがもう自分でも嫌になるくらいグズグズ。

----------
価格.comで平均価格 3万5千円 の製品。
3月中、地元のPCショップで 3万円 で売っていたんだけれど、いろいろ悩んで先延ばし。

4月になって買う決心がついたが、地元のPCショップでの値段が 3万7千円 になっていた。
3月中に買えば、そして貯まったポイントを使えば 2万4千円 で買えたのに...と凹みつつ、車で1時間の量販店で 3万円 で購入。

帰宅途中に買い忘れたパーツがあることに気付いてまた地元のPCショップを覘いてみると、

「な、なんだってー!」

2万8千円 で売ってるじゃん!
これで買えばポイント使って 2万2千円 になったのに!


あああ、タイミング悪ぅ...
今ある靴は6足。
それだけあれば十分という向きもあるだろうが、ちょっと事情がある。
それぞれ履き方や履いた期間などが異なるが、分けるとすれば。
 A: 履き古してボロボロだが、まだ捨てられない靴
 B: 履いてそれほど経っていないが、もうボロボロの靴
 C: 非日常で履く靴
 D: 体育館用の靴

Aは2足。履き古してもうボロボロ。靴底は磨り減っていて、側面の破れは靴下が見えるぐらい。当然、雨の日には履けない。しかし履きやすく脱ぎやすいので、ちょっと買い物に行ったり出先で靴を履き替える場合(例えば体育館など)に便利といえば便利。
しかし靴底の磨り減りは著しく、DDRのプレイに支障が出るほど。Bほどではないが...

Bは1足。母が買ってくれたものだが、1000円という値段程度の品質であったようで、靴底に使われている素材が悪すぎる。滑りやすいが磨耗しやすくもあるって...。
特にDDRのダブルプレイとの相性は悪い。体重を ”振る” ことが多いダブルプレイでは、それを支える接地力が重要なのだが、これがもう滑る滑る。まぁ逆に考えればバランス維持の訓練にはなるかもしれないね。足で踏ん張れない分、どうしても体幹や脚の動かし方を(ミスが増えるとしても)抑え目にしなければならないから。
1ヶ月も経たずに靴底はもう限界。買ってくれた母には悪いが早々に処分せざるを得ないようだ。

Cは2足。日常では履かない外出用。両方ともプーマ。値段は高かったが、それだけの価値はあると思う。

Dは1足。そのまんま室内運動用。ナイキだけどそんなに高くない。

就職活動をするようになったら、革靴も買わなければ。
以前履いていたのは壊れてしまったからな。
ああ、あとトレッキングシューズも都合しければいけないんだったな...
クレジットカードのポイントが貯まったので、何かに使うことにした。
使わないと時限的に消えてしまうポイントって時代遅れじゃね? とも思うがそういう仕組みなので仕方ない。

ポイントに応じた品物か、又は支払いの値引きに使えるらしい。
折角なので品物にしようとは思ったものの特に気に入るものもなかったのでちょっと迷ったが、財布に決めた。

...というのが数日前。

これがその財布。昨日届けられていた。
090319_01.jpg
マレリーの札入れ。山羊革。


使っている財布がまだ現役なので、車専用にするかな。

今使っている財布はポロ。貰い物なので値段は分からないが、丈夫に作られているので結構なものではないだろうか。かれこれもう10年以上は使っている。
俺が住まう地域も先週から花粉の季節となった。

世の大多数の例に漏れず、俺も花粉症だ。
症状が重くなったら病院にいくつもりだが、一応花粉対策はしてみるつもり。
そこで、こんなものを買ってみた。

「ノーズマスク ピット」
090215_1st.jpg
お得...とあるが、もちろん1個の値段は普通の使い捨てマスクよりも高い

14個入りがAmazonで\2,890。

これは鼻に入れるタイプのマスクだ。

090215_2nd.jpg
ほとんど見えないが、ワイヤーで繋がっている。

傘のようになっている部分を鼻に突っ込む。顔に不織布をあてがうのではなく、鼻にいれることによって花粉を防ごうという、いわば鼻用のマスク。
マスクをしない(ように見せつつ)で花粉対策ができる。

一応ワイヤーが鼻の外に出るが、かなり細く、また肌に近い色なので、正面からではほとんどワイヤーがあることに気付かない。

このマスクのテストも兼ねて、外を歩いてみた。

...

結果、思うに、過信しちゃだめだ。

・正直、効果については心許ない。

・鼻水やくしゃみにより使用できなくなってしまう。1個200円以上と安くはないが使い捨てである。

・鼻用のマスクなので、当然だが目のかゆみを防ぐことはできない。

...などを考えると、他のマスクやゴーグルなどと組み合わせて使うのが良さそうだ。
まぁそれだと「マスクをしているのが目立たない」というそもそももの目的が達成されないのだが。

だが、花粉の飛散量と症状によっては非常に有用であるかもしれない。
特にマスクをしていると不便だったり、接客業などマスクを着けていると都合が悪い場合は、一考の価値があるだろう。
今日も行ってきたですよー。
今日は西2を回り、時間が余れば東を見てみよーという腹積もり。

今日はさらに遅い時間になってしまった。会場に着いたのが13時ですよ。
そのせいか昨日より人が若干少ないような。ジャンルのせいかもしれないが。

あ、昨日は書き忘れてしまったけど、広い場所に人も物もたくさんあるせいか、会場内は空気中を舞うホコリがものすごい。
喉を痛めている人や、鼻が塞がって口で息をしなければならない人は、マスクをオススメする。
この密度のホコリを吸い込んだら身体に障るって。



今日の西2はアクセサリー/歴史/文芸/評論

アクセサリーはキッチンソープとかも含む。ってゆーか、俺の場合普通のアクセサリーは見てもしょうがないからソープとか見たいんだよね。
実はこのソープ、別に台所専用とかではなく、汎用的に使える石鹸らしい。
なんでまた「キッチン」とついているのかとゆーと、個人(法人じゃなくて)で販売するには、そういう名目にしておかないといけないのだそうな。

ちょっと面白そうなソープを幾つか購入。1つ数百円?

歴史は...ちょっとこれといったものが見つからなかった。

文芸もちょこちょこ見てみた。
立ち寄ったところでミステリものシリーズ(現在第12巻!) を勧めてもらったんだけど、あまりミステリは読まないので今回は遠慮^^; 短編集だけ頂いた。

評論が意外とバリエーション豊富。
政治やサブカルチャーは言うに及ばず、薬/毒、医療/介護、電子/電気、報道、科学/化学、食品/料理、鉱石/宝石、その他いろいろいろいろ。

いろいろと興味は尽きないが、やはり来場が遅くなったからか売り切れもかなり。



評論のところをいろいろと覘いて時間をくったが、それでも西2だけしか見てないので時間に結構な余裕ができた。
西1は女性向けのが多いみたいだから行かなかったしね。
てなわけで今度は東に行ってみる。

結構距離あるのね。西←→東の間って。




そして東到着。

広っ! そしていろいろと早っ!

東の方が広いことは案内図からも分かってはいたが、全然違うね。
人数自体は西より東の方が何倍も多いのだろうが、それでも密度にすると東の方が薄い。
これは時間帯も関係しているかも? 東到着は14時半(終了90分前)ぐらいだったから、最初に東を回った人はもうあまりいなかったのかもね。

そして早い! 人の動きもサークルさんの動きも。
西のほうはみんなゆっくり見て回っている感じだったのに、こっちは流しで動く感じの人が多い。
中にはカートを引っ張りちょっと小走りの人さえ。
サークルさんもいろいろ作業していたり、既に撤収を終えたのであろうところもかなりあった。

まぁ、これだけ広いし、サークルさんも多いし、ゆっくりしていられないかー。


そして俺も流してざっと見てみる。
しかし広っ。
買いながらだったせいか結局全部は見れなかったけど、それでも面積にして8割ぐらいは見れたかな?
でも朝から回っていたら同じ範囲でも倍の時間はかかったと思う...

さてこちら東は男性向けやギャルゲー、それと創作少年となっているが、
内容に結構バリエーションがあったりするのが意外だったかな。

漫画が多いのはもちろんだけど、イラストが沢山描かれているものとかも結構ある。
キャラクターをあしらった小物だったり、Tシャツだったり、ギャルゲーでも評論があったり。
もっとこう、いかにも男性用だーみたいなものばかりなのかなーとか思ってたけどそんなこともないね。

...だからと言って成人向けが少ないとは言わないがw 俺も数冊買ったし。
結局西と同じだけの時間と円を消費したかな。2日間合わせると5?6万ぐらい使ってるかも。



さて見て回っていたら16時になり拍手! そして帰途へ。
今日は水上バスを使ってみることにした。

出港時間は毎時5、及び35分。今日はね。
帰る時間によってはかなり待つことになるし、スピードもそれなりなので、特急や新幹線の時間を気にする人は使いにくいかも。あと下船後にJRの駅まで少しあるくかな。男性なら全然なんてことない距離だが、動きにくい格好の女性だとちょっと考えたほうがいいかも。
その辺を気にしなくていいならオススメ。
『船よりお降りになる際には、戦利品のお忘れがないようお気をつけ下さ?い。 来年の夏コミでもご利用お待ちしておりま?す』   「「「wwwwwwww」」」

O田急の特急で帰ろうか、それとも新幹線で帰ろうか...O田急の特急だと時間ギリギリだけど新幹線なら本数あるよな...とか考えていたら、人身事故で東海道新幹線が運転見合わせですと!?
急遽O田急の特急に決定。なんとか座席はとれた。(残り少なかったらしい)

あー、昨日もそうだったが、やっぱり指定席はいいわ。ゆっくりできて。
この時間帯は首都圏の在来線は混んでいて、荷物重いと疲れるんだよねー。




さて、、、帰ってきたはいいが、この本やCDの収納をどうするか...
とりあえず明日は終日部屋の片付けだな。

[追記]昨日企業ブースの行列について書いたけど、改めてカタログで確認してみると建物の前と後ろの待ち列は別々なのね。だからブースを縦断するような大行列ではなかったんだな。
...いや、それぞれ別とはいえ屋外にあれだけ並んでるんだから、相当待つことは確かだろう...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。